設計担当者インタビュー「集中して取り組める環境があるところも魅力」前職機械メーカーでの機械設計
前職でも機械設計として従事していたものの、業界が違うため不安に感じた部分もありましたが、選考や入社前に感じた印象と入った後の印象でギャップがありませんでした。学ぶことはたくさんありますが、ギャップがないことで前向きに取り組め、吸収できることも増えるように感じます。
また、とても働きやすい環境なため集中して目の前の業務に取り組める点もよかったです。一緒に働くメンバーもとても優しく面倒を見て頂けているため、わからないことは質問すると教えてくれる方々が多いのも安心できます。

入社理由

新しい機械の設計に携わることで技術者としてよりスキルアップしたいと考えていたときにエージェント経由で当社のことを知りました。選考を通して、新しい機械を一から考えて設計できると感じたことが入社を決めた理由です。また一つのことに集中して取り組める環境があるところも魅力に感じました。
前職とは業界が異なるため不安な気持ちもありましたが、ここなら自分のこれまでのキャリアを活かすことができ、さらに活躍できるのではと感じ、入社を決意しました。

前職の仕事内容

前職では製造機械メーカーで設計を行っていました。資材を貼り合わせて成形まで行う自動機の設計です。主には、資材の繰り出し装置や搬送ユニットなどの装置にサーボモータやインダクションモータなどの駆動を連結させ装置を動かします。
これら設備の担当者として、機械の設計から顧客打ち合わせ、設計開始から立ち上げまでのスケジュール管理などを行っていました。国内の案件はもちろん、海外の顧客も多数いるため、海外出張や海外支援など国内外問わず活動していました。

社内でチャレンジしたいこと

より多くの自動機を設計し、お客様の求める装置を納品することで貢献していきたいと考えています。また自身の設計スキルの向上にも励み、より良い装置をどんどん世に送り出していきたいと考えています。
特に特注機はお客様の使い勝手にも配慮することが大事なので、より使いやすい装置の設計にチャレンジしていきたいです。また他部署の方との連携も欠かさず情報共有をする必要があるので、意思疎通が行えることでお客様の要望に応えていきたいです。