Home > 採用情報 > 新卒採用トップ > 先輩社員インタビュー > 国内営業担当

入社10年目 政策科学部 国内営業担当 ユーシン精機を代表する
営業になりたい。

西日本統括営業所 西日本営業所所属
入社から10年。西日本営業所に所属する彼は、仕事のスピードに定評がある中堅の営業。「ユーシン精機を代表する営業になりたい」という目標を掲げる彼に、入社からこれまでの仕事について話を聞いてみました。

学生時代と入社動機について

大学では政策科学部に所属。自分のやりたいことを自由に勉強できる学部で、私は、中国の環境問題について勉強しました。学んでいくうちに、中国という国の奥深さに興味を持ち、3回生終了時に一年間休学をして現地の大学に留学。語学や現地の文化について学びを深めました。(この経験が入社後活きてくるのですから、不思議な縁ですね)

ユーシン精機への入社動機は、「将来、世界を舞台に仕事をしたい」と強く思っており、海外への事業展開を推し進めている企業を探していたところ、選考を通して、グローバルに事業を展開しているユーシン精機なら、それが実現できると確信できたことです。

入社から現在まで

まずは、やってみる。飛び込むことに躊躇わない。

入社後すぐに東京営業所に配属となり、都内の顧客の担当を任されました。リストを片手に毎日朝から夕方までお客様の会社へ足を運びました。既存顧客のフォローアップと新規顧客の開拓が私に与えられたミッションでした。プラスチックの匂いがしてきたら、たとえリストには載っていない工場でも、飛び込んでみるように心がけました。
3ヶ月を過ぎた頃、新規のお客様から初めての受注をいただくことができました。この時の喜びは、今でも仕事を支える原動力になっており、忘れられない経験です。

入社3年目からの4年間は、中国深圳の現地法人へ出向していました。学生時代の経験が活き、現地の社員の方はもちろん、お客様とも円滑にコミュニケーションを取ることができました。やはり直に会話出来ることでより深い意思の疎通が図れたように思います。何よりも体一つでどこへでも飛び込んでいけたことが大きかったですね。

現在は本社にて、営業活動を行っています。お客様から引き合いを頂戴し、仕様について打ち合わせ、商談・契約を経て納入。さらに納入後のアフターフォローまでの一連の流れを販売代理店と協力しながら行っています。例え小さな依頼や問い合わせでも、その後大きな商売に結びつく事は少なくありません。刻一刻と変化する商談状況の中、仕事のスピードでお客様に満足いただくことをモットーにしています。

今後に向けて

仕事を通して人間的に成長し、より多くの信頼を勝ち取れる営業になりたい。

今後は、国内営業としてさらに経験を積み、将来は海外の拠点で世界を相手に勝負できるようになりたいです。営業として、様々なフィールドでのお客様との出会いを重ね、ユーシン精機を代表する営業になりたい。それが私の今後の目標です。

タイムスケジュール

  • 07:30

    自宅より直行

  • 09:00

    設備納入の立会い

  • 12:00

    販売代理店と情報交換を兼ねた昼食

  • 13:00

    移動

  • 14:00

    客先訪問*1

  • 15:00

    移動

  • 15:30

    客先訪問*2

  • 17:00

    移動(帰社*3

  • 20:00

    退社

  • *1納入日程および搬入経路打ち合わせ
  • *2販売代理店同行にて商談打ち合わせ
  • *3帰社後は、メール処理、見積作成、仕様書作成等を行います。

学生のみなさんへ

学生時代の経験は生涯の宝物。

学生時代の経験は生涯の宝物です。ぜひ残りの時間で色々な事を経験してください。就職活動中、色々な会社を見る機会があるかと思いますが、『将来こんな人間になりたい』また『どんなステージで活躍したい』といった具体的なイメージを持った上で臨めば、絶対に自分にとって良い会社が見つかります。
またそれがユーシン精機であれば、なお嬉しく思います。それでは体調に気をつけて頑張ってください!